カテゴリーアーカイブ: デザイン

MITSU PRINTING INFORMATION 特別編集版 「会社案内の作り方[ビジョン編]」を発刊。

お客様のより良い営業活動のために、効果的な販促物の作り方をまとめた情報誌 MITSU PRINTING INFORMATION 特別編集版「会社案内の作り方[ビジョン編]」を発刊しました。

MITSU PRINTING INFORMATION 特別編集版 「会社案内の作り方[ビジョン編]」を発刊。

会社案内で大事なことは目を引き、わかりやすく、記憶に残ること。本誌ではそのために必要な「伝わるコトバ」を3ステップで、「伝わるデザイン」を5ステップで紹介しています。

「伝わるコトバ」ではお客様の課題と目指すべき姿を提示し、実現するべき事業内容を明確に伝える方法を解説しています。また、「伝わるデザイン」ではキャッチコピーや企業スローガン、ロゴ、インフォグラフィックス、パターンなどの考え方をまとめています。

後半では具体例として、会社案内の制作見本を実物大で添付しています。「伝わるコトバ」や「伝わるデザイン」がどのように反映されているか確かめることができます。

MITSU PRINTING INFORMATION Vol. 4「デザイン評価の考え方」を発刊。

お客様のより良い営業活動のために、効果的な販促物の作り方をまとめた情報誌 MITSU PRINTING INFORMATION Vol. 4 を発刊しました。今回のテーマは「デザイン評価の考え方」です。

%e8%b2%a9%e4%bf%83%e7%94%a8%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%b3%e3%83%954_hp%e7%94%a8

お客様がご検討されるデザインが良いのかどうかを評価 するための考え方を、実例を使いながら具体的に紹介いたします。

デザインの評価の観点(デザインの構成要素)は、文字、色、レイアウト、ビジュアル(写真やイラストなど)と言われます。このうち 色についてはデザインの印象を大きく左右する要素で、選び方や使い方を間違えると販促物の意図がイメージに反映されず、ターゲット のお客様から見向きもされないということにもなりかねません。

今回はチラシを題材にして「色」について考えます。

MITSU PRINTING INFORMATION 特別編集版「社用封筒の有効活用」発刊。

お客様のより良い営業活動のために、効果的な販促物の作り方をまとめた情報誌 MITSU PRINTING INFORMATION 特別編集版「社用封筒の有効活用」を発刊しました。

%e8%b2%a9%e4%bf%83%e7%94%a8%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%b3%e3%83%95%e7%89%b9%e5%88%a5%e7%89%88_%e5%b0%81%e7%ad%92_hp%e7%94%a8

一般的に通常の「社用封筒」はロゴマークや住所などの必要最低限の要素でデザインされています。知名度が高くイメージが浸透した大企業ならばそれでもよいのですが、中小企業は別の考え方をしてもよいのではないでしょうか?

社用封筒はお客様との数少ない接点の一つです。社用封筒のスペースを最大限使って自社の良さを表現することを考えます。

実際に封筒を作成する際には「封筒印刷発送おまかせセット」もご検討ください。

MITSU PRINTING INFORMATION Vol. 5「デザイン評価の考え方」を発刊。

お客様のより良い営業活動のために、効果的な販促物の作り方をまとめた情報誌 MITSU PRINTING INFORMATION Vol. 5「デザイン評価の考え方」を発刊しました。

MITSU PRINTING INFORMATION Vol. 5

お客様がご検討されるデザインが良いのかどうかを評価 するための考え方を、実例を使いながら具体的に紹介いたします。前回の Vol. 5 に引き続き、今回も「色」について考えます。

カラー印刷の場合、色数が多くなるほど伝えたいことが色に埋もれてしまい分かりにくいものになりがちです。今回はベースカラー、メインカラー、アクセント カラーの3色を用いた配色の最も基本的な考え方をご紹介します。

さらに、この考え方を発展させて、表現する内容をベース、メイン、アクセントの3つの要素に分類して、それぞれの要素の役割、位置付けを考えながらデザインを考えます。